WE ROAST QUALITY COFFEE, GROWN BY SUSTAINABLE FARMS, AND DELIVER IT BY BICYCLE.

BRAND HISTORY

BICYCLE COFFEEは2009年サンフランシスコベイエリアを拠点とし、Mathew, Brenden, Cameron McKeeの三兄弟と従兄弟であるBrad Butlerを中心に創業されました。

当初、中南米のどこかにツリーハウスを建てて、そこに移住しようと考えたMathewとCameronのMcKee家の長男と三男。しかし彼らが目の当りにしたのは美しい自然と貧困にあえぐコーヒー農家。丹精込めて栽培した美味しいコーヒーが、販路を持たないばかりに安く買い叩かれ、子供を学校に送ることすらできない困窮した生活を送っている農家の現実。そこに次男のBrendenと従兄弟のBradが合流し、ツリーハウスという楽しいだけの計画は見直されました。

彼らの出した結論は、自分達にできる貢献を仕事にするということ。それは有機栽培されたコーヒー豆を、正当な取引(フェアトレード)で購入することでコーヒー農家が経済に大きく左右されずに安定し、自分達で焙煎した豆を、自転車を使って得意先に届けて行くという形で自らそのサイクルの中に参加するというものでした。それが正にBICYCLE COFFEEというコンセプトが誕生した瞬間だったのです。

私達サンウエストは、予てからMISSION WORKSHOPと親交のあったBICYCLE COFFEEのメンバーに2012年に出会いました。共に過ごす時間の中で彼らの目指すもの、考え方に共鳴する形でBICYCLE COFFEE CO. 初のパートナーとして東京支部「BICYCLE COFFEE TOKYO」を2014年にスタートしました。

 

BRAND CONCEPT

私達のコーヒーはフェアトレードによって取引された、最高品質のオーガニックコーヒーです。焙煎されたコーヒー豆を輸入するのではなく、東京で焙煎をして、焙煎したての新鮮なコーヒーを自転車でデリバリーしています。オークランド本部と同じ生豆を使用し、異なる気候、機材、環境下でも同様の焙煎をできるようスタッフ同士での技術交換をすることで、日本~アメリカ約8000kmという遠く離れた場所でも、常に焙煎したてのフレッシュな状態で、同じ香りと味のコーヒーをお客様へ提供することを可能にしています。もちろん品質には大きなこだわりを持っておりますが、コーヒーチェリーを焙煎すること・届けること・淹れること・飲むことなど、そこで生まれる楽しい空間や時間を皆さんと共有することを心から大切にしています。そしてこの珈琲と自転車をもって地域コミュニケーションを活性化したいと思っています。

コーヒーは生産されてから非常に長い旅をして皆様のもとにやってくる農産物です。私達は生産者、販売者、消費者の 三方が満足できるビジネスをその地域において目指していきます。